当サイトはブログランキングに参加しております。↓↓↓以下のバナーをポチっと押していただけるとブログ更新の励みになります、ご協力を宜しくお願い致します!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 犬ブログ 犬と子供のいる暮らしへ

アウトドア

犬連れファミリーキャンプ初心者のギア選び 我が家の愛用品紹介 テント編

f:id:yamavanilla:20200914091701j:plain

どうも、ファミリーキャンプをはじめて2シーズン目の脱初心者キャンパーを目指すGanyです。

 

まだまだ新米なおっさんキャンパーですが、ファミキャン未経験な友人知人家族が嫁氏のインスタに釣られ、

 

やってみたいんだよね〜、どこのキャンプ場がいいの?道具は何が必要なの?

 

的な相談を受けるようになってきました。

 

コロナの影響もあってか変なカタチでアウトドアブームに拍車がかかってるようにも思います。

 

とはいえ、興味はある、やってみたいけど…という方も大勢いらっしゃるんだなと実感。

 

最近は自然災害時の避難のあり方も見直されつつあり、感染症対策やペット連れの避難などキャンプ経験が被災時に役立つかもしれません。

 

そこで我が家の愛用品を紹介しつつ、ぼくなりのギアの選び方を記事にしてみたいと思います。

 

 

記念すべき初回は我が家のテントをご紹介しましょう!

アウトドアアクティビティにおいて疲れた身体を休めるスペースの確保は何より重要です、最優先事項です。休まず活動し続けるなんてキマッてない限り不可能です。

 

その癒しのスペースこそテントです。

 

ソロとかベテランさんならいざ知らず、一般的なファミリーキャンプではテント泊がメインになるのでテントの快適さはキャンプの質に大きく影響してきます。

 

ちなみにテントは幕とも呼びます。

「お、新幕(おニューのテント)じゃん」って感じで使えばツウな雰囲気を醸し出せます。

 

ベテランさんは様々な局面(中止や続行の判断含め)を経験と工夫で回避できますが、圧倒的に経験値の低い初心者キャンパーはそうはいきません。

自宅でネットを見ながら(・_・D フムフムしてるのと、現場で不意のトラブルに遭遇するのとでは事情が違います。

 

何せ相手は自然です、自然の脅威の前では人なんてちっぽけな存在は無力です。

 

が、経験不足や工夫はギアが優秀であるほどそれを補える可能性が高まります。

※個人的にはこんな駄文を読むより、実際に色々試して失敗と試行錯誤を重ねた方が身になるとは思います。

 

「試しに1回やってみるだけだから、安物のテントでいいや」

「1万くらいでもレビューも高評価の多いテントならそれなりに使えるでしょ」

 

なんて貧乏根性丸出しでチャレンジすると、キャンプの魅力を味わう前に挫折するか、買い直す羽目になるので、初心者キャンパーさんは可能な限り良いギアを揃えることをオススメします。

 

当然テントもそうです。

性能と価格は比例します、これにブランド料が加算されるイメージです。

 

「隣の芝生は青い」のことわざ通り、隣のサイトのテントは異様に映えてみえます。

劣等感→憧れ→物欲となりますwww

 

いきなり最高峰を買ってしまえば優越感に浸れますが、キャンプ場での常識やマナーも知らず、まだスタイルが確立していない初心者キャンパーさんにはおススメできません。

 

誰もが羨む幕は当然目立つので、テントはイケてるけどいろいろ残念なファミリーに認定されかねないので注意しましょう。

 

そこで我が家がチョイスしたのはそこそこの品質で、相応の使い勝手、信頼の老舗メーカー、

みんな大好きコールマンのテントですw

反論は認めます。

 

もちろん不満はあるけど値段を考えれば…的なコスパが抜群で、流通量も豊富、抽選に当たらなくても買えちゃう初心者キャンパーの本命メーカーです。

 

人数やスタイルに応じた商品をラインナップしてますが、初心者さんにオススメなのは寝室とリビングを区切った2ルーム構造のテント。

我が家のような犬連れキャンパーは犬達のハウス(クレート)スペースも考慮して検討しなければなりません。

 

室内遊び大好きな小型犬1匹ならそこまで考えなくてもイイかもですが、中型犬以上だとクレートも大きくなり予想以上にテント内のスペースを占領します。
全面床仕様のお座敷スタイルにするのであれば、犬達の汚れ対策は必須、雨の日にドロドロになった犬達と快適に過ごすことを考えると土間スタイルがお手軽です。

 

2ルームテントは構造的に土間スタイルに向いてるのがポイント高し。

多頭飼い+悪天候下でのキャンプは地獄絵図となりかねないので入念に検討しましょう。

あえて天気の悪い日に近場でデイキャンプするなどして、事前にシミュレーションしておけば、対策も立てやすいと思います。

 

サイトの面積にもよりますが4~5人用なら8~9割のファミリーをカバーでき、ライトなファミリーキャンパーには神幕になります。

 

 

テントと言えば「とんがり」ワンポールテント(ティピーテント)をイメージする方も多いと思います、ワンポールテントは比較的安価で軽量な上、設営も簡単ですが雨に弱く(弱いと言えば語弊がありますが前室や出入り口に屋根がないテントが多いので出入口の雨対策が必要)、結局別でタープを張ることを考えると、大差ないかむしろ初心者には難しい(小川張りとか)場合があります。

 

どのタープをどう繋げるかなど、ギア選びも複雑になりセンスも求められるので、あえてここではオススメはしません。

 

ただし、それを補って余りある魅力もあるので、好みの問題で片付けちゃいましょう。
小川張りだって誰もが最初は初心者です。(張るだけならどうとでもできますが、雨水の排水など課題は山盛りw)

 

で我が家の愛用の幕がコレです。

 

コールマン トンネル2ルームハウス LDX

f:id:yamavanilla:20190506210023j:plain

 

スペック

  • 【テント】
  • 耐水圧:約2000mm (フロア:約2000mm)
  • 定員:4~5人
  • 使用時サイズ:約660×330×200(h)
  • インナーサイズ:約300 x 235 x 185(h)cm
  • 収納時サイズ:直径31×72cm
  • 重量:約15.5kg
  • 材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
  • インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
  • フロア:210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)
  • ポール:メイン/アルミ合金 直径約16mm、バイザー/FRP 直径約8.5mm
  • 仕様:バイザー、前室、メッシュドア、ベンチレーション、ストームガード、メッシュポケット、ランタンハンガー、コード引き込み口
  • 付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

 

 6人家族+犬2匹で使用してますが寝室(インナーテント)が手狭なものの、今のところなんとかなってます。
(子ども4人のうち1人はほぼ大人並みですが、3人はまだ子どもサイズなので)

最悪、ぼくひとりが寝室内の空いたデッドスペースか前室に寝れば解決です。

 

そのうち成長に伴い一人二人と脱落していく計算なので、狭いことが理由で買い替えることはないでしょう。

 

ただ、さすがに6人+2匹が発する熱量は相当なものらしく、外気温によっては結露はひどいです。

 

ぼく的にはとっても気になる雨耐性ですが、

f:id:yamavanilla:20200916103238j:image

 

この大雨でも幕内の8割は快適に過ごせるレベルでした。

毎度幕内側はしたたる程の浸水はなく、さわればじっとり湿っている程度(結露説強し…)。

 

ただし、夏真っただ中なので閉め切る訳にもいかず、開口部(出入口と最小限の通風孔を確保した窓)と、スカートレスなインナーテント設置部側面からの浸水がありました。

 

通風孔をうまく工夫し、スカートを追加すれば回避できたかもしれませんが、個人的にはこれだけの雨に打たれたにしては上出来だと考えています。

 

コールマン トンネル2ルームハウス LDX のデメリット、不満点

いいとこづくめなテントのように書いてますがデメリットや不満な点ももちろんあります。

 

1、横の出入り口と窓(メッシュ)は、内張りの布地をチャックで開閉することができますが、外側に雨除けがないので、雨天時に開放すると容赦なく幕内に雨が降り注ぎます。

前述の通り真夏の雨天時は閉め切る羽目になるので、せめて出入口だけでも外側にキャノピーがあれば…。

 

2、デカすぎて乾燥スペースの確保が問題です。帰宅後晴れてれば庭で干せるけど、帰宅後も雨続きだと室内に干すスペースがありません。豪邸にお住いの方なら問題ないでしょうけど、我が家だと厳しいのが難点です。

 

3、当然重い。一人で設置することもできるけど、ソロキャンなんかで気軽に持ち出そうと思える幕ではないです。クルマ前提で大人数だからこそ持ち出しますが、少人数の場合は絶対に持っていきたくありません。

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

結局タープも併用して広々使ってますが、これがあるのとないのでは事情も大きくちがってくるので、不満もあるけど総合的には気に入っていて買ってよかったと思っています。

 

結論、

冒頭で紹介した同じコールマンのタフスクリーン2ルームハウスや、他メーカーの同程度のテントがファミリーキャンプ初心者には向いてると思うので、

お好みで(ここ重要です、自分で選んだテントだからこそ愛着も倍増するものです)どうぞ。

 

 

軍資金に余裕があり、あれやこれやと悩みたくないリッチな層の方はコールマン テントの最高峰、4S MASTER(旧ウェザーマスター)シリーズのコクーン3にしとけばいいと思います。
※冒頭で触れた通り、装備最強マナー最悪残念キャンパー認定されないよう注意しましょう。

お洒落さではスノーピークのランドロックのが上のように思いますが、機能性はコクーン3がとびぬけていると思います。

ec.coleman.co.jp

 

 

 少人数の場合(たとえば大人2人子ども1人とか)は設営の労力やコストを考えて、もうワンサイズ下のテントでもいいと思います。

小型のテントは当然価格も大型より安く、軽くて携帯性もよく、設営も楽ですが前室が狭いので犬達のケアには工夫が必要です。

 

 

以上、我が家の愛用品を中心にファミキャン初心者にオススメのテントをご紹介してみました。

 

 

これからファミキャン始める皆さんの参考になれば幸いです、チャオ♪

 

当サイトはブログランキングに参加しております。↓↓↓以下のバナーをポチっと押していただけるとブログ更新の励みになります、ご協力を宜しくお願い致します!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 犬ブログ 犬と子供のいる暮らしへ

キャンプ行きたい病 今シーズン2度目のファミリーキャンプ前のページ

犬連れファミリーキャンプ初心者のギア選び 我が家の愛用品紹介 タープ編次のページ

ピックアップ記事

  1. NEMO(ニーモ)の魅力 ヘキサライト エレメントがツボった
  2. 超かわいい!ミニチュア ピンシャーという生物 【動画あり】
  3. この夏の犬連れファミリーキャンプは雨キャン連泊w TC幕の耐水性能は?!
  4. 今シーズン初の犬連れファミリーキャンプ
  5. シャコメシ再開!

関連記事

  1. アウトドア

    雨の日の犬連れファミリーキャンプは2ルームがいいの?快適に過ごすには?

    どうも、Ganyです。以前、同じような記事をアップしましたが…

  2. BBQ

    犬連れファミリーキャンプ初心者のギア選び 我が家の愛用品紹介 タープ編

    どうも、犬連れファミリーキャンプ歴2年目の脱初心者キャンパーを目指す…

  3. アウトドア

    悲報 庭テント倒壊のお知らせ

    どうも、Ganyです。非常に強い寒波に見舞われた年末年始、長…

  4. おやじ日誌

    Sun-go☆ ロス 人間性の良さがハンパなかった件

    どうも、SCANDALとBABY METALが大好きなエロオヤジ、ヘド…

  5. アウトドア

    ワンタッチテントを検討中

    どうも、最近トレーニングに費やす時間が犬と過ごす時間に代わり、日々のト…

  6. おやじ日誌

    レ、レーゼロ(フルクラム レーシング ゼロ)ポチるの巻

    ランニングなんぞはじめたもんだから、足腰ガタついてるGany_kです(…

YouTubeもやってます!

AD

  1. ペット

    何事も面倒な我が家のボーダーコリー でも最高に愛おしい
  2. アウトドア

    NEMO(ニーモ)の魅力 ヘキサライト エレメントがツボった
  3. グランドセフトオート

    【グラセフ5】オレ氏と子ども達のロスサントスでの過ごし方 Grand Theft…
  4. おやじ日誌

    愛用の時計が逝きました…またもやG-SHOCKをポチる
  5. アウトドア

    ニワンピング(庭キャンプ→車庫キャンプ) 3泊目
PAGE TOP