当サイトはブログランキングに参加しております。↓↓↓以下のバナーをポチっと押していただけるとブログ更新の励みになります、ご協力を宜しくお願い致します!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 犬ブログ 犬と子供のいる暮らしへ

アウトドア

雨の日の犬連れファミリーキャンプは2ルームがいいの?快適に過ごすには?

どうも、Ganyです。

以前、同じような記事をアップしましたが、さらに2ルームテントをメインで経験を重ねてきたので改めて我が家基準で記事にしてみます。

まず雨の日に困ることをピックアップしてみると、

  • 人も犬も荷物も濡れる
  • 浸水が心配
  • 焚火などが大変
  • 設営・撤収が大変
  • テント類の乾燥が大変
  • 蒸し暑い夏の雨の日は窓を開放できない

こんな感じです。

では他のタイプと比較して2ルームテントの雨の日のメリット、デメリットを挙げてみます。

2ルームテント雨の日のメリット

  • 設営してしまえば雨に濡れずにある程度幕内で過ごせる
  • 前室が広いので、お座敷スタイルにして寝室と分けたり人数によっては幕内でも十分くつろげる
  • 幕内に多めの荷物を置ける
  • 犬用のクレートを入れたり、フルクローズタイプならノーリードで犬を遊ばせてあげれる、一時的な犬の退避場所にできる
  • 幕内でちょっとした物干しができる

2ルームテント雨の日のデメリット

  • 慣れないと設営・撤収が大変
  • 比較的デカいので帰宅後の乾燥が大変
  • 2ルームといえども大人数+犬には狭いのでもう一部屋欲しい(我が家のような大家族限定)

一部他のタイプのテントととも共通しますが概ねこんな感じです。

一般的な犬連れファミリーにとって2ルームテントはナイスな選択

「一般的な」という表現はあまりに曖昧ですが、例えば父母子(~小学生)とワンちゃん(~中型犬)の家族構成であれば、4人用の2ルームテントで事足りるとおもいます。

子どもが大きかったり多頭飼いや大型犬などで条件も変わりますが余裕が欲しければ6人用の2ルームテントなら、より快適に過ごせます。

ただ4人用より大きい分、設営と撤収は多少時間が掛かるのと、サイトによっては(区画サイズ的に)設営自体も難しい場合があるので利用する状況に応じて総合的な判断が必要です。

我が家の場合

大人2人子ども4人犬2匹で計6人+2匹の大所帯。

最近は子ども達も成長して、最大6人用のテントでは狭くなったので、子ども達の寝室用に1ルームテントを1張り追加しました。

デメリットに挙げた設置の手間ですが、最近は子ども達が大きくなって、設営時は戦力になってくれます、父ひとりで設営していた頃よりだいぶラクになり、苦ではありません。

むしろ設置の手間が楽しい親子の共同作業の時間に差し変わりましたが、子どもが小さい頃はまったく役に立たないどころか、やれ喉が乾いただのトイレだの、ヒマだの挙句にケガしただの、一向に設営が進まないケースも多々あったので、子どもの年齢や性別も大きく影響します。

テントの設営に時間がかかりすぎると食事の準備やくつろぎの時間がみるみる削られて、アッという間に就寝時間になります…。

これに幼犬が加わったりすると、もはや自宅で過ごす以上にキツいハードワークになり、1泊のキャンプでは全く自然を堪能する暇もなく翌朝のチェックアウトを迎える羽目になります。

なので、子どもや犬が幼い時は、設営の面倒な一般的な2ルームタイプよりも、比較的簡単に設置できる大きめのティピーテントやワンタッチタイプのテントをオススメします。

要は幕を最小限に抑えることで、設営を短時間で済ませる工夫が必要です。

我が家はタープを中心に2ルームテントと1ルームテントを配置して、雨の状況によってタープ下か2ルームの前室部のどちらかで過ごし、テント間の移動はタープ下を通り降雨時も極力濡れないようにサイトを構築します。

雨の日用に大きめタープを用意して変形小川張りでセッティング。
窓やベンチレーション部をタープで雨避けすれば真夏の雨の日でも解放することができ過ごしやすくなります。

ここ結構重要なポイントです。

真夏でも高地や海辺は意外と涼しい(むしろ寒い場合もある)のですが、蒸し暑い熱帯夜+雨の日は最悪です。
ベンチレーションや窓をあけると多少の風でも雨が幕内に浸水してくるし閉め切ると幕内は蒸し風呂、これにアルコールが加わると灼熱地獄です。

単体でこの対策ができるテントをぼくは知りません。
もしあるなら即ポチしますw

雨の日はキャンプしませんの方はスルーしてオッケーですが、我が家は上記のように対策することで快適度向上を図っています。

一応ウチのメインテント、コールマン トンネル2ルームハウス/LDXは収容人数6人なので、家族全員入れなくもないけど流石に6人+犬となるとかなり狭く、ウチのように2ルームでは足りない場合もあるのでご注意くださいね。

降雨時、風がなければ多少の本降りでもタープ下で全然余裕ですが、風があるとタープ下でも濡れるので、調理や焚火はタープ下の雨が掛からないところでさっと済ませて、基本は2ルームの前室部で過ごします。

タープはキャンプ期間の天気予報とにらめっこして焚火用か日・雨除け用を使い分けるのがいいと思います。
(焚火用の難燃素材タープなら、雨除け用途には向かないまでも多少は問題ないので守備範囲は広いように思います。)

これで十分快適に過ごせますが、撤収〜乾燥は解決困難な最大の課題です。

デメリットに挙げた通り、デカいので撤収時に雨が降っていると、必然的に帰宅後に乾燥することになりますが相応のスペースが必要です。

ボロいくせに無駄に敷地が広い我が家ですら頭を抱えます。
かと言って雨のたびに専門業者にクリーニングに出すのもコストがかさみます。

もし近くにコミュニティセンターや貸スペースがあれば、それらを利用すれば場合によっては低コストで乾燥させることができるので、活用してみてください。

結果はやはり、

乾燥は大変だけど2ルームテントの恩恵はデカい!

が、現状我が家の最適解でございます。

あくまでも我が家を基準にした記事ですが、テント泊のほぼ半分以上が雨天なので、それなりに経験してきた我が家を例に検証した結果です、不慣れな犬連れファミリーキャンパーさんの参考になれば幸いです。

当サイトはブログランキングに参加しております。↓↓↓以下のバナーをポチっと押していただけるとブログ更新の励みになります、ご協力を宜しくお願い致します!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 犬ブログ 犬と子供のいる暮らしへ

何事も面倒な我が家のボーダーコリー でも最高に愛おしい前のページ

親バカ日誌 やったぞ長男、祝公式戦初ゴール!次のページ

ピックアップ記事

  1. ラブラドール レトリバー LOVE
  2. 雨の日の犬連れファミリーキャンプは2ルームがいいの?快適に過ごすには?
  3. 今シーズン初の犬連れファミリーキャンプ
  4. サブ機のXIAOMI(シャオミ)を買い替えた →Redmi 9t
  5. ニワンピング(庭キャンプ→車庫キャンプ) 3泊目

関連記事

  1. おやじ日誌

    愛犬とランニングをはじめました

    朝晩はめっきり冷え込むようになりましたね、皆さん体調など崩されてはない…

  2. おやじ日誌

    ドッグフード探しの旅 コスパ抜群グレインフリーなネイチャーズドメイン サーモン&ポテト

    どうも、最近自分にしみついた犬臭が気になるGanyデス。 我が家は…

  3. アウトドア

    この夏の犬連れファミリーキャンプは雨キャン連泊w TC幕の耐水性能は?!

    どうも、Ganyです。※最終ページに動画アリいつも子どもの予…

  4. アウトドア

    突然の新幕、ロゴス neos ツーリングドゥーブル・DUO-BJ レビュー

    どうも、Ganyです。家族揃ってのファミリーキャンプ…

  5. 保護して3日目のポメラニアンについて【マジ天使だけど暗黒面も…動画あり】

    どうも、Ganyです。先日ポメラニアンを保護して3日目、ポメ…

  6. BBQ

    キャンプ行きたい病 今シーズン2度目のファミリーキャンプ

    どうも、キャンプ行きたい病(ステージ2)を患っていて発作を抑えるのがや…

YouTubeもやってます!

AD

  1. ペット

    ラブラドール レトリバー LOVE
  2. ピュリナ ワン キャットフード を試してみた
  3. コールマン トンネル2ルームハウス

    アウトドア

    いよいよ春のキャンプシーズン!新幕を検討するの巻 大型タープ編(オリーブ・カーキ…
  4. ペット

    小型犬と中型犬の多頭飼い、我が家のドッグフード事情
  5. グランドセフトオート

    【グラセフ5】オレ氏と子ども達のロスサントスでの過ごし方 Grand Theft…
PAGE TOP